FRAGILE

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

a

原爆の日です。
職場に隣接する役場では、投下時間に黙祷のサイレンがなった。
僕も職場で黙祷をした。

僕にこんな行動をとらせたのは、ニュース番組の被爆者のドキュメンタリーのせい。
原爆資料館の館長を務めたその男性は、自身も被爆者でありながら、排核を訴えたオバマ大統領のプラハ演説に感動して、氏にこれまで3通の手紙を送っているそうだ。
その手紙の内容は、自身の被爆体験(被爆のための差別体験!なども)織り交ぜながら、広島への来日をプレゼンしているものである。

氏は、また手紙の中で憎しみを乗り越えることで平和が訪れると書いている。

ところで自分はどうだろう。
つまらない処遇や境遇を憂い、または、つまらない自己実現の未達に不平をもらしていないだろうか?

本当の平和は、すぐ身近にあるが、それを得るには、それなりの決断も必要であると思う。

そう、分かっている。
しかし、伝わらないことへの、苛立ちを思う自分の未熟さに少し嫌悪する。この嫌悪は自分だけならず、対象者へも向いている。

平和というのは、身近なところにあるのだろう。

いや、きっと自分自身の気持ちから始まるもの。

これは、だいぶ大仕事です。

パートナーと協力して達成に向けて取り組みたい。
[PR]
by FRAGILE_plus | 2009-08-06 23:05 | LIFE